静岡でリフォーム、大工工事、ドローン事業をおこなっています株式会社高梨建築です。お客様のご要望に合わせたオーダーメイドの家具作りなど、幅広いご依頼に対応しております。お住まいの事なら気軽にご相談ください。

コラム

トイレ 2個のメリット&デメリット

トイレは2個あると便利ですが、家を建てる時に何ヶ所設置しようか迷う人もいると思います。
今回は、トイレ2個のメリット&デメリットについてご紹介していきたいと思います。

▼トイレ2個のメリット
■家族用のトイレと来客用のトイレに分けて使用することができる
普段使用する家族が使うトイレと、お客様が来た時にお客様が使うトイレに分けることができれば、もしトイレに行くタイミングが
一緒になってしまっても、お互いに気を遣わなくてすみ気兼ねなく利用できます。

■トイレの順番待ちで我慢しないといけないということを減らすことができる
朝急いでいる時間帯などのラッシュ時にはとても便利です。
また、子供がトイレトレーニングをする時には、子供は待てないので2個あると助かります。

■2階建ての場合、わざわざトイレのために1階に降りなくていい
夜中にトイレに行きたくなった場合、きちんと覚醒されていないので転倒や転落してしまう可能性もでてきます。
特に高齢者はトイレが近くなり、足腰が弱くなってきているので老後も考えて間取りや配置を考えましょう。

■もし1個使えなくなっても慌てなくていい
1個詰まってしまったり故障したりしても慌てることはなくなります。

■ゆっくり閉じこもることができる
トイレにはゆっくり入りたい人もいますので、順番待ちなどで待っていられるとストレスに感じる人もいます。

▼トイレ2個のデメリット
■掃除をする場所が増えて大変になる
1個でさえ、トイレはこまめな掃除が必要になります。
定期的な掃除と手間をかけないとトイレを綺麗に保つことはできなく、掃除は2倍大変になってしまいます。

■設置スペースと費用が上がってしまう
トイレ1ヶ所増えると設備費も余計にかかってきます。
トイレ用品なども2ヶ所分必要になってくるので出費が増えてしまいます。

▼まとめ
トイレは毎日の生活と密接に関わってきます。
自分達の生活には何個必要なのかを考えてみましょう。

関連記事

  1. お風呂のリフォームに必要な費用の相場について

  2. お風呂をリフォームするメリットについて解説

  3. お風呂をリフォームするタイミングは?

PAGE TOP