静岡でリフォーム、大工工事、ドローン事業をおこなっています株式会社高梨建築です。お客様のご要望に合わせたオーダーメイドの家具作りなど、幅広いご依頼に対応しております。お住まいの事なら気軽にご相談ください。

コラム

ハウスメーカーと大工の違いについて

マイホームを建てる際の依頼先には、ハウスメーカーや工務店・大工などがあります。
皆さんは、それぞれの違いをご存じでしょうか?
今回は、ハウスメーカーと大工の違いについてご紹介しますので、住まいづくりの参考にしてみてください。
▼ハウスメーカーと大工の違いについて
■経営規模
ハウスメーカーには全国展開している企業もあり、施主とのやり取りは営業が担当する場合がほとんどです。
一方大工は、個人や地域の工務店に在籍している場合が多く、設計から施工まで大工が担うケースもあります。
またハウスメーカーはほとんどが株式会社であるのに対し、大工は個人経営から株式会社までさまざまな規模のものが存在します。
■建築資材
ハウスメーカーでは、木造からRC造まで幅広い建築資材や工法で建築します。
資材の一括仕入れを行う場合が多いため、コストを抑えた住まいづくりが叶うでしょう。
大工の場合、木材の削り出しや造作家具の作成など、木の風合いを活かした建築を得意とする場合がほとんどです。
そのため、こだわりを反映した住まいを建てたい場合にピッタリと言えるでしょう。
■アフターサービス
ハウスメーカーでは、独自のアフターサービスやフォロー体制が、マニュアルとして整備されています。
大工の場合は、地域密着型の場合が多いため、竣工後の細やかなメンテナンスに応じてもらいやすいでしょう。
▼まとめ
ハウスメーカーは経営規模が大きく、低コストながらさまざまな資材や工法で住まいづくりを行います。
また大工は木材の扱いに長けているため、こだわった家づくりをしたい方にオススメです。
それぞれの違いを比較し、ご自身に合った施工業者を探してみましょう。
大工工事を行う『株式会社高梨建築』は、静岡県にて信頼できるマイホームづくりを行っています。
家づくりに関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 外装を和モダンにするポイント

  2. 家事動線に優れた間取りのポイント

  3. 家具をオーダーメイドする際の費用

PAGE TOP