静岡でリフォーム、大工工事、ドローン事業をおこなっています株式会社高梨建築です。お客様のご要望に合わせたオーダーメイドの家具作りなど、幅広いご依頼に対応しております。お住まいの事なら気軽にご相談ください。

コラム

縁側とウッドデッキの違いとは

「家のリフォームに合わせて、縁側かウッドデッキを設置したい」「そもそも違いが分からない」と、悩む方もいるでしょう。
違いを把握することで、どちらを選ぶか決める際に役立ちます。
今回は縁側とウッドデッキの違いについて解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
▼縁側とウッドデッキの違い
■構造の違い
縁側とウッドデッキが大きく異なる点は、構造の違いです。
縁側は家屋の一部として設計されますが、ウッドデッキは地面の上に設置され、庭の一部として扱われます。
そのため縁側は靴を脱いで上がり、ウッドデッキは土足のまま使用することが多いです。
■用途・目的の違い
縁側は屋内に設置されていることもあり、洗濯物をたたむスペースや来客応対などで活用されます。
それに対しウッドデッキは、洗濯物を干す場やガーデニング・バーベキューといった趣味や交流の場としても活用されることが多いです。
■生活スタイルの違い
縁側は和風の家に見られますが、ウッドデッキは洋風の家に設置されることが一般的です。
また縁側は靴を脱いだ状態で使用しますが、ウッドデッキは土足で使用される場合が多いでしょう。
このように、洋風か和風かといった生活スタイルによる違いもあります。
■まとめ
縁側とウッドデッキの違いとして、家屋の一部として設置されているのか、庭の一部として設置されているのかの違いがあります。
またどのように活用するかで、どちらを選択するか変わるため、用途や目的も異なるといえるでしょう。
快適な住まいで過ごしたいとお考えなら、静岡の『株式会社高梨建築』にご相談ください。
経験豊富な職人が、お客様の要望に合わせたリフォームや大工工事を提案し、理想の住宅へと導くお手伝いをいたします。

関連記事

  1. 外装を和モダンにするポイント

  2. 家事動線に優れた間取りのポイント

  3. 家具をオーダーメイドする際の費用

PAGE TOP